「BIRDYアイビス」は、本・映画・音楽などのTwitterグラフ・キュレーション・サイトです。


福沢諭吉 『学問のすすめ』

このエントリーをはてなブックマークに追加
キーワード 学問のすすめ
ハッシュタグ #学問のすすめ

キーワード/ハッシュタグ

元来、人民と政府との間柄はもと同一体にてその職分を区別し、政府は人民の名代となりて法を施し、人民は必ずこの法を守るべしと、固く約束したるものなり。【学問のすすめ

元来、人民と政府との間柄はもと同一体にてその職分を区別し、政府は人民の名代となりて法を施し、人民は必ずこの法を守るべしと、固く約束したるものなり。【学問のすすめ

自由と我儘(わがまま)との界(さかい)は、他人の妨げをなすとなさざるとの間にあり。 福沢諭吉 出典『学問のすすめ

私は、身分制の打破のために、『学問のすすめ』を訴えたのだけれども、今の慶応は、どちらかといえば、「身分制をつくるための慶応」になっているような気がするな。【福沢諭吉】#霊言 https://t.co/WZdLlDQ2sC

事物の是(ぜ)を是とするの心と、その是を是としてこれを事実に行なうの心とは、まったく別のもの【学問のすすめ

事物の是(ぜ)を是とするの心と、その是を是としてこれを事実に行なうの心とは、まったく別のもの【学問のすすめ

自由と我儘(わがまま)との界(さかい)は、他人の妨げをなすとなさざるとの間にあり。 福沢諭吉 出典『学問のすすめ

56冊目ビースト、57冊目天狗、58冊目、刺青の男、59冊目がぼちぼち終わりそう、ηなのに夢のよう、次は60冊目、学問のすすめ! #進捗ノート https://t.co/wi18MheEw5 https://t.co/WeYviOdRCx

私の授業で得られるものは「知識」ではなく「認識」である。-『学問のすすめ

福沢諭吉 個人と国家の独立を説いた=脱亜論 「学問のすすめ」 「文明論之概略」 「福翁自伝」など 人間は生まれながらに平等=天賦人権論 門閥制度の批判 独立自尊=「一身独立して一国独立す」

これ聴いて学問のすすめ読んだよね。 坂本龍馬と同世代って意外とショック受ける。 https://t.co/XLT0mtq5Xc

視察、推究、読書はもって智見を集め、談話はもって智見を交易し、著書、演説はもって智見を散ずるの術なり。【学問のすすめ

視察、推究、読書はもって智見を集め、談話はもって智見を交易し、著書、演説はもって智見を散ずるの術なり。【学問のすすめ

吉本興業トップになって数ヶ月?だからか。 嗚呼、大ボケ転ケ滑りっ放し会見見ちった。 ーー松っちゃんや他から 「吉本解体新書&吉本学問のすすめ (根本問題確認&改革)」発動してほしいよ。 忘れてる?w。子供は嘘をつく。 親の多くは子供の話、話半分でまともに聞いてない。

【☆】学問のすすめ-社説の命令調はおかしい- 2003.8.X 初出  https://t.co/M7Cockjcfx《地下経済拡大中》

「人の顔色はなお家の門戸の如し」 学問のすすめ 第十七編 人望論にあった言葉よ。 選挙に立候補した人達の写真だけで、誰が当選するかを70%予測できるということがあったくらいだし 表情や第一印象というのは人として重要な要素よ 意識してみましょう!

独立の気力なき者は必ず人に依頼す、人に依頼する者は、必ず人を恐れる。 人を恐るる者は、必ず人にへつらうものなり。 ―福沢諭吉 『学問のすすめ

学問の要は活用にあるのみ。活用なき学問は無学に等し。【学問のすすめ

学問の要は活用にあるのみ。活用なき学問は無学に等し。【学問のすすめ

昨日のLINEでの彼氏との会話 私 テストしんだお。今日テストなのに範囲終わってない 彼 塾なんて行かなくてええ!!死んだらあかん!! 私 いや性格 彼 元ネタ知らんなら帰れ 私 帰る 私 (学問のすすめの画像) 彼 こーゆーのは… https://t.co/KDbGY5hvSC

親子の交際はただ智力の熟したる実の父母と十歳ばかりの実の子供との間に行なわるべきのみ。他人の子供に対してはもとより叶(かな)い難し。たとい実の子供にても、もはや二十歳以上に至ればしだいにその趣を改めざるを得ず。【学問のすすめ

親子の交際はただ智力の熟したる実の父母と十歳ばかりの実の子供との間に行なわるべきのみ。他人の子供に対してはもとより叶(かな)い難し。たとい実の子供にても、もはや二十歳以上に至ればしだいにその趣を改めざるを得ず。【学問のすすめ

(7/22) honto 本の通販ストアランキング > 児童書・絵本 > 生活ランキング5位:福沢諭吉 (著)『13歳からの「学問のすすめ」 (ちくまプリマ...』 https://t.co/J0VkzOwOIL

疑うところに真理は生まれる。 『学問のすすめ』福沢諭吉

自由と我儘(わがまま)との界(さかい)は、他人の妨げをなすとなさざるとの間にあり。 福沢諭吉 出典『学問のすすめ

政府はなお生力のごとく、人民はなお外物の刺衝のごとし。 今にわかにこの刺衝を去り、ただ政府の働くところにまかしてこれを放頓することあらば、国の独立は一日も保つべからず。【学問のすすめ

政府はなお生力のごとく、人民はなお外物の刺衝のごとし。 今にわかにこの刺衝を去り、ただ政府の働くところにまかしてこれを放頓することあらば、国の独立は一日も保つべからず。【学問のすすめ

天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず 【学問のすすめ/福沢諭吉】

【文学】 天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず ――福沢諭吉:学問のすすめ

学問に入らば大いに学問すべし。農たらば大農となれ、商たらば大商となれ。学者小安に安んずるなかれ。粗衣粗食、寒暑を憚(はばか)らず、米も搗(つ)くべし、薪も割るべし。学問は米を搗きながらもできるものなり。【学問のすすめ

Twitter画像

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」

福沢諭吉 『学問のすすめ』

リリース日
著者・シリーズ名 福沢諭吉
出版社・
配給元
公式サイト

近代日本の代表的な啓蒙思想家、教育者である福沢諭吉の最も代表的な著作。初編は1872(明治5)年に刊行したが大変な評判を受けシリーズ化、1876(明治9)年の第17編まで刊行され、当時としては驚異的な大ベストセラーとなった。「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり」という著名な一文で始まる本作は万人の平等を主張し,学問を重んじ自由独立の精神を養うことを説いている。日本における近代的、合理主義的な人間観、社会観、学問観の萌芽が見られる名作。

福沢諭吉

福澤 諭吉(ふくざわ ゆきち、新字体:福沢 諭吉、天保5年12月12日(1835年1月10日)- 明治34年(1901年)2月3日)は、日本の武士(中津藩士のち旗本)、蘭学者、著述家、啓蒙思想家、教育者。慶應義塾の創設者であり、専修学校(後の専修大学)、商法講習所(後の一橋大学)、伝染病研究所(現在の東京大学医科学研究所)の創設にも尽力した。新聞『時事新報』の創刊者。他に東京学士会院(現在の日本学士院)初代会長を務めた。そうした業績を元に明治六大教育家として列される。昭和59年(1984年)から日本銀行券一万円紙幣表面の肖像に採用されている。(出典:WIKIPEDIA)
青空文庫
「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」と言えり。されば天より人を生ずるには、万人は万人みな同じ位にして、生まれながら貴賤上下の差別なく、万物の霊たる身と心との働きをもって天地の間にあるよろずの物を資り、もって衣食住の用を達し、自由自在、互いに人の妨げをなさずしておのおの安楽にこの世を渡らしめ給うの趣意なり。されども今、広くこの人間世界を見渡すに、かしこき人あり、おろかなる人あり、貧しきもあり、富めるもあり、貴人もあり、下人もありて、その有様雲と泥との相違あるに似たるはなんぞや。その次第はなはだ明らかなり。『実語教』に、「人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり」とあり。されば賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとによりてできるものなり。また世の中にむずかしき仕事もあり、やすき仕事もあり。そのむずかしき仕事をする者を身分重き人と名づけ、やすき仕事をする者を身分軽き人という。すべて心を用い、心配する仕事はむずかしくして、手足を用うる力役はやすし。ゆえに医者、学者、政府の役人、または大なる商売をする町人、あまたの奉公人を召し使う大百姓などは、身分重くして貴き者と言うべし。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000296/files/47061_29420.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

福沢諭吉 『学問のすすめ』

リリース日
著者・シリーズ名 福沢諭吉
出版社・
配給元
カテゴリー 古典文学