「めくる めぐる 本の世界」読書週間10月27日から

お知らせ(ブックニュースナウ)

皆さん、読書週間ってご存じですか?

10月27日から11月9日までの2週間にわたり、読書を推進する行事が集中して行われる期間を「読書週間」として、「読書推進運動協議会」が運営しています。

「めくる めぐる 本の世界」読書週間ポスター

読書週間

読書週間の歴史

終戦まもない1947年(昭和22)年、まだ戦火の傷痕が至るところに残っているなかで「読書の力によって、平和な文化国家を作ろう」という決意のもと、出版社・取次会社・書店と公共図書館、そして新聞・放送のマスコミ機関も加わって、11月17日から、第1回『読書週間』が開催されました。 そのときの反響はすばらしく、翌年の第2回からは期間も10月27日~11月9日(文化の日を中心にした2週間)と定められ、この運動は全国に拡がっていきました。  そして『読書週間』は、日本の国民的行事として定着し、日本は世界有数の「本を読む国民の国」になりました。  いま、電子メディアの発達によって、世界の情報伝達の流れは、大きく変容しようとしています。しかし、その使い手が人間であるかぎり、その本体の人間性を育て、かたちづくるのに、「本」が重要な役割を果たすことはかわりありません。 暮らしのスタイルに、人生設計のなかに、新しい感覚での「本とのつきあい方」をとりいれていきませんか。

 『読書週間』が始まる10月27日が、「文字・活字文化の日」に制定されました。よりいっそうの盛りあがりを、期待いたします。

出典:http://www.dokusyo.or.jp/jigyo/jigyo.htm

イベントご紹介

第55回 東京名物神田古本まつり (10/25~11/3)

神田神保町古書店街をあげての、お祭りです。参加店は約100店舗、出品点数約100万冊余、一年に一度の大バーゲン「青空掘り出し市」では、神保町表通りに書店と書棚に囲まれた500mにおよぶ「本の回廊」が出現します。稀籍・珍本・良書に出会える「特選古書即売展」。誰でも参加できる、書籍のオークション「じんぼうチャリティー・オークション」で、掘り出し物を探せます。

トークライブ、写真展、ビブリオバトルなど、併催イベントも多数予定。日時・会場などイベント詳細はBOOK TOWN じんぼうをご覧ください。

第24回 神保町ブックフェスティバル (11/1~3)

毎年恒例「本の得々市」では、汚損本・自由価格本などの掘り出しものを見つけるチャンス!

作家の講演会、絵本の読み聞かせ会、アイマスクをしての「くらやみ体験会」など、各種イベントが予定されています。神保町グルメを楽しむ屋台も多数参加!

イベント詳細、会場マップなど詳細はBOOK TOWN じんぼうをご覧ください。

bookfes2014_pos