まだ、諦めるな。脳科学者による大人の英語学習法

english・英語・英会話

大人だからこそ、効率的に学べる! 脳科学が教える英語学習メソッドが、中経出版より発売されました!

 


 

プレスリリース元:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001465.000007006.html

【大人のほうが英語は伸びる!】 脳科学者が教える、脳がやる気になる英語学習法

中経出版(株式会社KADOKAWA)2015年4月24日 11時00分

d7006-1465-270098-0

株式会社KADOKAWA(東京都千代田区)は、医学博士・加藤俊徳氏の新刊『脳科学的に正しい英語学習法』を刊行いたしました。「脳番地」という概念を使い、英語の4技能を最も効率的に伸ばす方法を紹介しています。

大人になってから英語を身につけることは十分に可能です。 それどころか、脳の専門家の立場からは、「大人のほうが英語の学習に向いている」といってもいいでしょう。 「大人になると脳は衰えるばかりで、成長しない」と考えている人がいるなら、それは誤りです――。(本文より)

 

大人だからこそ、効率的に学べる! 脳科学が教える英語学習メソッド

脳細胞は、乳児のときから減る一方で、残った脳細胞は経験と共に成長する――。 そう語るのは、アメリカで7年、MRIの研究を行い、現在は脳の能力開発をテーマに 数多くの書籍を出版している、医学博士であり、「能の学校」代表の加藤俊徳氏。 これまで数々の書籍で、以下の2つの脳の法則に基づいた脳のトレーニング法を紹介し、 ベストセラーとなりました。 その法則とは、

●脳は、濃淡地という8つのパート(思考系、感情系、電鉄系、理解系、運動系、聴覚系、視覚系、記憶系)に分けられる
●これらの脳番地は、死ぬまで成長をし続ける

 

この考え方は、英語学習でも、もちろん通用するのです。

「人間の脳は、社会に出て多様な経験をする20~40歳の間が 最も大きく成長します。 私の例で言うと、私は高校時代、語がまったくダメで、2回も大学受験で失敗しました。 しかし、27歳でMRIに出会ったことで一念発起し、今では国際学会の場で 英語プレゼンができるまでになりました。 英語は、大人になってからでも 身につけることは可能です。私がその証明といえます」

 

脳科学が教える、大人になっても英語をやり直せる3つの理由

ではなぜ、大人でも英語を使いこなせるようになるのでしょうか。そこには3つの理由があります。

●1つめは、「自分の得意な脳番地」から学習をはじめられること。 たとえば、子供の頃からピアノなど音楽に親しんできた人は、聴覚系の脳番地が 特に発達している傾向があります。リスニングやリーディングなど、これまで成長させた 脳番地を意識することで、「自分の勉強パターン」をつくりやすいというメリットがあります。

●2つめは、「興味があること」に絞って学習できること。。 脳は、「興味があること」に対して非常に活発に働き、「知らないこと」が登場すると鈍くなります。 大人の場合、たとえば、「サッカーの英語」などのように、 日本語で十分な知識のあるジャンルを選んで学習ができます。 背景知識があれば知らない単語も少なく、余裕を持ってリスニングに集中できます。

●3つめは、「思考系を利用して学べる」こと。 大人の脳は、子供と違って記憶系が弱く、思考系(考えること)が強い傾向があります。 英単語帳などで単語を覚える「単純記憶」は弱くなりますが、長文を読んで単語を覚える 「エピソード記憶」が得意なため、単語を整理して覚えることができるのです。

脳は、20~40代が最も大きく成長します。リスニングや発音では子供が強いですが、 あらゆる経験や日本語の語彙力を活かせば、大人でも効率よく上達できるのです。 本書ではさらに、「単純記憶の鍛え方」から、「文法学習法」など、 初心者でも上級者でも、かんたんにはじめられる学習メソッドを次々と紹介。 本書を読んで、「効率重視」の英語学習を始めてみませんか?

 

目次

Chapter 1 脳科学者が教える 大人のための学習法
Chapter 2 脳科学的に正しい 英語学習の始め方
Chapter 3 脳科学的に正しい 【英単語学習法】
Chapter 4 脳科学的に正しい 【リスニング学習法】
Chapter 5 脳科学的に正しい 【スピーキング学習法】
Chapter 6 脳科学的に正しい 【リーディング学習法】
Chapter 7 脳科学的に正しい 【ライティング学習法】
Chapter 8 脳科学的に正しい 【英文法学習法】
Chapter 9 脳科学的に正しい 【英語脳をつくる習慣】

 

著者紹介:加藤 俊徳(かとう としのり)

新潟県出身。医師、医学博士、株式会社「脳の学校」代表。加藤プラチナクリニック院長。 昭和大学医学部、同大学院を卒業後、1991年現・国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター にて脳機能を光計測するfNIRS原理を発見。1995年より6年間、アメリカ・ミネソタ大学放射線科MRI研 究センターに研究員として在籍。2006年に株式会社「脳の学校」を立ち上げ、脳酸素代謝を分析する COE計測やMRI技術を使った脳の「個性」の鑑定を行っている。これまで1万人以上の脳画像を分析し、 脳の視点から見た能力開発や学習障害の改善を専門に活動している。 著書に『アタマがみるみるシャープになる!! 脳の強化書』 『アタマがどんどん元気になる!! もっと脳の 強化書2』(以上、あさ出版)、『東大脳になる勉強習慣』(PHP研究所)などがある。

 

商品情報

 

関連情報

中経出版-脳科学的に正しい英語学習法