梅雨の憂鬱な気分をウルトラソウルする「元気がでる曲ランキング」TOP20

音楽・ミュージック・クラシック

梅雨入り。今日も雨でちょっと憂鬱だなと思ったら、こんな曲を聴いてリフレッシュ

旬のアーティスト情報を取り扱う音楽情報誌『CD&DLでーた』による、10~30代の男女を対象とした、連休明けの憂鬱な気分を吹き飛ばす、元気がでる曲のランキングです。

 

憂鬱な気分を吹き飛ばす、元気がでる曲 総合ランキングTOP20

 d7006-1510-340278-0

設問:あなたが憂鬱な気分を吹き飛ばしたい時に聴く曲を1曲、教えてください。

順位:曲名/アーティスト名
1位:負けないで/ZARD
2位:ultra soul/B’z
3位:ガッツだぜ!!/ウルフルズ
4位:リンダリンダ/THE BLUE HEARTS
5位:リライト/ASIAN KUNG-FU GENERATION
6位:気分上々↑↑/mihimaru GT
7位:Happiness/嵐
8位:夏色/ゆず
9位:何度でも/DREAMS COME TRUE
10位:サクラ咲ケ/嵐
11位:それが大事/大事MANブラザーズバンド
12位:元気を出して/竹内まりや
13位:GUTS!/嵐
14位:Dragon Night/SEKAI NO OWARI
15位:ray/BUMP OF CHICKEN
15位:無責任ヒーロー/関ジャニ∞
17位:君のいちばんに…/LINDBERG
17位:Shake It Off/テイラー・スウィフト
17位:Happy/ファレル・ウィリアムス
20位:R.Y.U.S.E.I./三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

今回の調査結果の『CD&DLでーた』考察

新しい年度を迎え、最初の楽しい大型連休も終わってしまいました。新生活が始まった方、環境が変わった方・・・みなさんそろそろ落ち着かれた頃でしょうか。『CD&DLでーた』では、連休後・梅雨前の憂鬱な気分を吹き飛ばすかのような、元気がでる曲のランキングを発表します。総合ランキングは別表のとおりです。今回は、それぞれ選ぶ曲の傾向が分かれた、世代別のランキングを紹介していきたいと思います。
まずは10代のみなさんのランキング。1位は「Happiness」(嵐)、2位は「Dragon Night」(SEKAI NO OWARI)、3位は「遥か」(GReeeeN)です。女性を中心とした得票が集まった1位の「Happiness」には、“メロディも歌詞も明るく元気がでてくる”といったコメントが多く挙げられました。
次は20代。1位は「ultra soul」(B’z)、2位は「負けないで」(ZARD)、3位は「リライト」(ASIAN KUNG-FU GENERATION)でした。3位の「リライト」には、“大きな声で叫んでストレス発散させることができる”、“高校時代にどハマリした”などのコメントが寄せられています。
最後に30代。この世代は総合ランキングと順位が重なり、1位「負けないで」(ZARD)、2位「ultra soul」(B’z)、3位「ガッツだぜ!!」(ウルフルズ)となっています。1位の「負けないで」には、“元気・やる気がでる”、“落ち込んだ時に思い出す”といったコメントが、2位の「ultra soul」には、“すべてを吹き飛ばしてくれるような気分になる”、“こぶしをあげたくなる”などのコメントが集まりました。
全体的に、“聴いていてスカッとする曲調”や、“勇気づけられる歌詞”といったところに選曲のポイントがあるようです。

UVERworldからもコメント!

『CD&DLでーた』6月号(5月14日発売)の表紙+巻頭特集に登場しているUVERworldの誠果さんに、同じテーマでお話を伺ってみました。
『まずはフロー・ライダーの「アイ・ドント・ライク・イット、アイ・ラヴ・イット(feat.ロビン・シック&ヴァ-ダイン・ホワイト)」。聴いているだけでテンションあがりますが、一緒に口笛を吹くとさらにあがります! UVERの曲なら「LIMITLESS」(アルバム「THE ONE」収録)ですね。ライブでも自分の生活の中でも安定のガチ上がりチューンです』(誠果/UVERworld)
UVERworldは5月27日にニューシングル「僕の言葉ではない これは僕達の言葉」をリリースしますが、今回のテーマにあわせて、「LIMITLESS」もぜひチェックしてみてください。

関連情報

PRTIMES:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001510.000007006.html

音楽・ミュージック・クラシック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。