【粉豆腐すげー】メタボ予防やアンチエイジングに良いヘルシー食材「粉豆腐」レシピ本

料理レシピ・ダイエット
長野県飯田市を中心に古くから食べられてきた「粉豆腐」が、内臓脂肪やコレステロールを減少させる効果があり、生活習慣病予防に良い食品として注目されています。
今回は、その「粉豆腐」をテーマにしたダイエット本のご紹介です。
 


やせる!コレステロールが下がる!「粉豆腐ダイエット」

d2372-385-606380-0

 

「粉豆腐」とは、高野豆腐を粉末状にしたもの。その高野豆腐は、良質な植物性タンパク質を豊富に含み、ほかにも大豆イソフラボン、鉄分、カルシウムなど一品で体に必要なさまざまな栄養素を摂取できるスーパー食品で、その栄養そのままを粉にした粉豆腐なら、これまで高野豆腐の独特の食感が苦手だった人でも、おからのように炒り煮にしたり、カレーやコロッケに混ぜたり、小麦粉の代用として揚げ物の衣にしたりと、さまざまな料理に使え手軽にバランスの良い食事を楽しむことができます。

 

粉豆腐はこんな人にオススメ!

・お腹ぽっこりが気になる人
・コレステロール値が高い人
・無理なく食べてやせたい人
・便秘がちで肌荒れが気になる人
・骨粗しょう症に悩む人

高野豆腐(粉豆腐)の栄養価の特徴

・良質で豊富な大豆タンパク質を含む

・良質の脂質(オメガ3脂肪酸)が豊富
⇒オメガ3が多ければ自己免疫反応を抑えるといわれ、アレルギー体質の軽減が期待できる

・鉄分、亜鉛などのミネラルが豊富
⇒鉄分は不足すると貧血や疲労の原因に。亜鉛は肌や髪をきれいに保つなどアンチエイジングに重要

・ビタミンKが豊富
⇒更年期以降の骨粗しょう症や骨折予防に大切

・米国で必須栄養素のコリンが豊富
⇒大豆レシチンに含まれるコリン。脳細胞や神経細胞で働き、認知症予防効果に期待。
コリン不足の解消は脂肪肝の解消に向かうとも。

食物繊維と同じように働くレジスタントタンパク質を含み、コレステロールや中性脂肪の値を下げる
⇒レジスタントタンパク質は、消化酵素が働きにくいので、スポンジ状となって脂質を吸着しながら対外に排せつする作用あり。
腹もちも良い。

・低糖質
⇒小麦や米の代わりに使えば糖質が抑えられる。

本書の主な内容

・あらゆる生活習慣病に効果大!粉豆腐が健康にいいこれだけの理由
・“長寿ホルモン”アディポネクチンはやせると増える! 岡部クリニック院長 岡部正先生
・メタボ予防やアンチエイジングに!粉豆腐は日本が誇るヘルシー食材 京都光華女子大学教授 廣田孝子先生
・長野ではみんなが高野豆腐を当たり前のように食べているんです。 乙葉さん

・不健康なダイエットにはさよなら 粉豆腐で、きれいにやせられるヒミツ
・マイナス13kgのダイエットに成功!粉豆腐でキレイにやせる! 管理栄養士 岡田明子さん

・高野豆腐が苦手な人も大丈夫 粉豆腐の簡単おいしいレシピ
・メインレシピ(和風ハンバーグ/揚げないヘルシーから揚げ/野菜たっぷりギョーザ/お好み焼き/粉豆腐ピザ ほか)
・サブレシピ(ポテトサラダ風粉豆腐/野菜チャンプルー/チリコンカン/粉豆腐ソースの温野菜サラダ/粉豆腐ディップ2種 ほか)
・スープレシピ(ごぼうのポタージュ/けんちん汁/冷製トマトスープ/ささ身とれんこんのみそ豆乳チャウダー/野菜スープ ほか)
・スイーツレシピ(ヨーグルトレモン蒸しパン/焼き抹茶ドーナツ/白玉きなこ黒蜜/ココアクッキー)


書誌概要 『粉豆腐ダイエット』

 

【著者】 主婦の友社編
【定価】 本体:740円+税
【発売日】 2015年4月24日(金)
【仕様】 A5判、96ページ
【ISBN】 978-4-07-411619-5