「撮らせたあなたが悪い」その無理解が、被害を拡大させている!「リベンジポルノ」の現状にせまり、予防策・打開策を探る『リベンジポルノ―性を拡散される若者たち』

BIRDYニュース(マーケティング・リサーチ・時事)

自分の性的な画像や動画を、自分の知らないうちに公開・拡散される「リベンジポルノ」の現状にせまり、予防策・打開策を探る『リベンジポルノ―性を拡散される若者たち』が発売されたのでご紹介します。

 

d14059-5-258079-0

 

「撮らせたあなたが悪い」その無理解が、被害を拡大させている!

「リベンジポルノ」なんて、チャラチャラした若者たちのあいだでのみ起こっていること、そう思っていませんか。

自分の性的な画像や動画を、自分の知らないうちに公開・拡散されることを想像してみて下さい。「性」を拡散されるリベンジポルノの被害者が受けるダメージは計り知れないほど大きなものです。でも、責められるのはなぜか「撮らせた」被害者。

リベンジポルノが増殖する社会に、私たちはどう向き合えばいいのでしょうか。

リベンジポルノの被害にあってしまった当事者や被害者支援に取り組む実践者たちの生の声を丁寧に拾い、いったい何が起き、その事態にどう対処すべきかを考えます。

被害者や保護者(特に、娘をもつ親)、警察関係者、先生はじめ教育関係者、メディア関係者など、必読の1冊です。

 

d14059-5-383753-1

 


 

書誌情報

リベンジポルノ―性を拡散される若者たち
著 者: 渡辺真由子
発 売: 2015年11月20日
定 価: 1,404円(税込)
仕 様: 四六判、ソフトカバー、縦組み、216頁
ISBN: 978-4-335-55175-8
詳細情報: http://www.koubundou.co.jp/book/b212788.html

著者プロフィール

渡辺真由子(わたなべ・まゆこ)
メディアジャーナリスト。
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程を経て、現在、慶應義塾大学SFC研究所上席所員。元テレビ局報道記者。いじめ自殺と少年法改正に迫ったドキュメンタリー「少年調書~16歳の自殺 遺族は何と闘ったか~」で、日本民間放送連盟賞最優秀賞、放送文化基金賞優秀賞などを受賞。
現在は、ジャーナリストとして、メディア・リテラシー、いじめ、デートDV、性教育といったテーマを中心に精力的に取材・執筆・講演活動を行う。
文部科学省「ケータイモラルキャラバン隊」講師、法務省「人権啓発指導者養成研修会」講師、内閣府「児童ポルノ排除対策シンポジウム」パネリストを歴任。
著書に、『大人が知らない ネットいじめの真実』『オトナのメディア・リテラシー』他。

 

関連情報

プレスリリース元URL:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000014059.html

サンプルページ:http://www.koubundou.co.jp/files/55175.pdf