【他人を気にして生きるか。 自分の人生をまっとうするか!?】刮目せよ!スターウォーズから学ぶ「禅の教え」

スターウォーズ 禅の教え

 『スター・ウォーズ』伝説の名シーンが禅語と共によみがえる。フォースと共に今をシンプルに生きる智慧が満載された本の紹介です!

 

スターウォーズ禅の教え

 

スター・ウォーズ 禅の教え エピソード4・5・6

他人を気にして生きるか。 自分の人生をまっとうするか。

禅でフォースを覚醒させよ!

映画『スター・ウォーズ』伝説の名シーンが禅語と共によみがえる。 スター・ウォーズの世界を楽しみながら、禅の教えを学べる画期的な1冊。 フォースと共に今をシンプルに生きる智慧が満載。 シーンと禅語の組み合わせが「絶妙! 」「ものすごい」「ゾクゾクする」「こんなの今まで見たことなかった! 」と話題沸騰中。

ファンの方はもちろんのこと、ファンならずとも、人間関係に悩み、人生に悩むすべての人に役立つ、他人に振り回されず、自分と向き合うためのメッセージ。

日頃、慌ただしい生活の中に身を置き、多くの情報にさらされ、ストレスを感じながら心が押しつぶされそうになり、理不尽な悲しみや苦しさに耐えている人が多い現代。そんな時代おいて「禅の教え」は、生きにくい世の中を、人生を、生き抜くためのヒントとなり得ます。

禅で読み解く、まったく新しいスター・ウォーズの世界がここに・・・。

 

「スター・ウォーズ」に見る禅の教え―「はじめに」より

「禅とは何か?」と尋ねられることがあります。そのときに、私は「円相」とお答えすることがあります。円には、始まりも終わりもなく、言い換えれば、どこの一点をとらえても出発点であると同時に終着点であり、終着点であると同時に出発点。ルークがオビ=ワンと出会い、ヨーダのもとで修行をし、ダース・ベイダーも過去にオビ=ワンと師弟関係にあり、オビ=ワンもまたヨーダと師弟関係にあり、ルークとダース・ベイダーは親子であり、ルークとレイアは双子の兄妹であり、ルークは自分の中の仏性に気づき、悪の権化と化していたダース・ベイダーの中にも善を見出す…。

そのような「スター・ウォーズ」の流れやつながりを考えると、師弟、親子といった縁について、また始まりも終わりもなく繋がっているこの物語に思いがめぐります。物事には原因となる「因」があり、そこに人との関係、万物との関係などの条件ともいうべき「縁」が結びつき「因縁」となって「結果」が生まれる。「禅」の考え方からこのシリーズを見れば、まさに「スター・ウォーズ」は、因縁の物語であると言ってもいいでしょう。出典: http://ddnavi.com/news/277467/a/

禅とは?

禅(ぜん)は、大乗仏教の一派である「禅宗」(ぜんしゅう)の略、もしくはサンスクリット語のdhayānaの音写「禅那」の略。 また「座禅」(「坐禅」)の略としての意もある。 本項では宗派についての「禅」(禅宗)について述べる。 南インド出身で中国にわたった達磨が祖で、坐禅を基本的な修行形態とする。
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/禅