1000人に聞きました!お酒はどこで買う?ワインはネット!?

お酒・ワイン・カクテル・日本酒・ウィスキー

お酒を月に1回程度以上飲む20~69歳の男女1346人を対象に、「お酒を購入する場所と1カ月の購入金額」に関する調査が行われましたのでその結果をレポートします。

本調査では、お酒の種類によっての購入する場所や1カ月の購入金額はどのように違ってくるのか、詳しく調査されています。

「ワイン」については、15.5%が「インターネット通販」を利用すると回答!!自分の飲みたい銘柄を、ネット注文することが他のお酒より多いことが判明しました!

ワインバザールとは?

ワインバザール:http://wine-bzr.com/article/

ワインバザールは、世界各国の産地に関する情報、ワイン関連のニュースやコラム、用語説明など、ワインに関するあらゆる情報を掲載しております。

1人でも多くの方にワインに関する情報をお届けしたい――そんな想いからワインバザールは生まれました。

近年ではワインを楽しむ方が急増しておりますが、一方でワインに関する専門情報はまだ不十分であると感じております。すでにワインの知識が豊富な方はもちろんのこと、ワインへ興味がある全ての方への有益なサイトとなれるよう、運営を行ってまいります。

 

どんなお酒も、主に買う場所は「スーパーマーケット」

お酒を買うときに、どんなお店で購入することが多いのでしょうか。お酒の種類別に調査してみたところ、どのお酒も「スーパーマーケット」で購入することが多いと分かりました。

「ビール」「カクテル」「サワー/チューハイ」といったお酒は「コンビニエンスストア」「スーパーマーケット」で購入する人が多くなっています。逆に、「日本酒」「ワイン」「ウイスキー」については、特定のお酒のみを扱う「専門店」で購入する人が比較的多くなりました。

その中で「ワイン」については、15.5%が「インターネット通販」を利用すると回答。自分の飲みたい銘柄を、ネット注文することが多いようです。

d21760-8-735908-0

毎月5000円以上購入するお酒トップ3は「ビール」「焼酎」「日本酒」

購入する店舗に加えて、お酒の種類別に毎月どれくらい購入しているかと尋ねてみました。

集まったデータを分析してみたら、「カクテル」「サワー/チューハイ」には1カ月に3000円も使っていない人が多いことが分かりました。

一方、5000円以上購入する人が多いお酒の種類としては、「ビール」(19.9%)、「焼酎」(13.9%)、「日本酒」(12.4%)が上位に入りました。

さらに1万円以上購入する人の割合に目を向けてみると、「ビール」(4.2%)、「ワイン」(2.3%)、「焼酎」(1.9%)という順に。こうした種類のお酒には、熱心な愛好家が多いようです。

d21760-8-571937-1

※アンケート結果「ワインバザール調べ」


アンケート調査概要

調査方法:インターネット調査
調査対象:20~69歳の男女 1346名
集計期間:2016年8月23日~8月25日

お酒・ワイン・カクテル・日本酒・ウィスキー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。