【正義は一つじゃないんです】木村拓哉の代表作「HERO」名言ベスト20

2017年1月からTBSで新ドラマの主演が決定している木村拓哉さんの代表作「HERO」

木村拓哉さん演じる「久利生 公平」の型破りながらも、一本筋の通った正義感が多くの人の心を動かした「HERO」の名言をご紹介します。

型破りで正義感が強い、「久利生 公平」の名言BEST20をご紹介!

20位:

恋愛なんてワケ分かんなくなっていいんじゃないの。バカになっちゃって。だからいいんでしょ

19位:

取りあえず起訴っていうのはだめなんです。(中略)
それがどんな重大な事件だろうと、それこそ時効がせまっていたとしても。

18位:

被害者の味方できるの、検事しかいないでしょ。(中略)死んだ被害者は裁判で証言なんかできないんだから。変わりに声になってやれんの、俺らしかいないじゃん。被害者が一番きついに決まってるんだから

17位:

でもいいんじゃないの 仕事はちゃんとしているし、昔の仲間にあんなこと言われてもお前ブレてなかったもんな

16位:

甘く見ないほうがいいですよ。今までもそういう方たちたくさんいらっしゃいましたけど、覚せい剤を断ち切るのってめちゃくちゃ大変なんですよ。強烈に中毒性のある薬物ですし、あなたが思っているように簡単にはやめられないんじゃないですか。あなたはちょっとつまずいたって言ってますけど、あなたは大失敗やらかしてるんですよ。自分は大丈夫だ、すぐに立ち直れるって強がってる場合じゃないんですよ。

15位:

責任とか、メンツとか、そういうことうだうだ言ってるのウザイだけですから。仲間意識とかそういうのでやってないですから。本当のこと知りたいだけですから

14位

所詮法律ですしね。本気でその人を愛してたかどうかなんて分からないですから。だって、心の中なんて、人間なんて分からないじゃないですか

13位

いきなり何もしてない人を突き落とすような若者を、ここじゃ「未来ある若者」なんて言わねぇんだよ!

12位

まともに生きてねえ奴がまともに生きてる奴非難すんのおかしいだろう! 一番まいっちゃってんのは麻木のほうなんだよ。昔の仲間が犯罪者になってこんなところに来るなんて思ってなかったんだから。仲間裏切ったのお前のほうじゃんか。

11位

ご存知ですか? この国の法律って、被疑者の起訴、不起訴を決める権限を検察って組織じゃなくて、検察官個人に与えてるんです。これって、結構とんでもないことなんですよ。神様でもない俺たちが、その人を裁判にかけるかどうか決めていいんですから。


 

10位

機械が裁いているわけじゃないですからね。人間を裁くことが出来るのは、人間だけじゃないですかね?

9位

嫌われたらまずいんだろうなとか、
周りの人とうまくやらなきゃなとか、
俺の中にもありますよ。一応。
 
でも、事件に関わっている人にしてみたら、
そういうの全然関係なくないですか?
 
いや、事件の当事者は人生かかってるんですよ。
ヘタしたら命かかってるし。

ウソつけないでしょ。

俺たち検察なんだから。
やっぱ、事件には真っ正面に向き合っていかないとダメでしょ。

8位

俺、あきらめない事には絶対の自信がありますから。

7位

全部が全部うまくいくワケないでしょ。

6位

でも、宇野くんさ、俺たちの仕事に例外はないんじゃないの。責任とるべき奴に責任とらせるのが俺ら検事の役目でしょ

5位

人の気持ちを全部理解しようとする方が無理なんじゃないの?

4位

どんなことがあってもブレずにいられるから

3位
いま正義って言いましたけど、正義は一つじゃないんです。

僕たち検事は悪人を絶対に許さないという正義があります。

そして、弁護人には依頼主を守るという正義がある。

そして、皆さん。
裁判員の皆さんには、

僕らの主張をよ~く聞いてもらって、
法と良心に基づいた公平な判決を下すという正義があります。

みんな、それぞれの正義を信じて、それぞれの立場から被告人に光を当てることによって
真実を浮かび上がらせていく。

それが裁判なんです。

2位

俺たちみたいな仕事ってな、人の命奪おうと思ったら、簡単に奪えんだよ! あんたら警察も、俺たち検察も、そしてマスコミも。これっぽっちの保身の気持ちでな、ちょっと気ぃ弛めただけで、人を簡単に殺せんだよ! 俺らはそういうこと忘れちゃいけないんじゃないですか?

 

 

1位

でも、見えないものもあるんだろうなあ。今、こうやって見えてるものよりね、見えないもののほうが多いんだよ。きっと

 


「HERO」シリーズでは主人公の「久利生 公平」以外の登場人物も数々の名言を残しています。

また別の機会には各魅力的なキャラクターの名言もご紹介したいですね。

1月からの木村拓哉さんの新ドラマにも期待しましょう!