夏の夜にホラー小説【読了】黒い家

週刊てるゆきv3

あ~黒かった・・・じゃなかった・・・怖かった! 悪の教典の著者のサイコパスもの「黒い家」読了しました。

これは読む価値あります! ジェットコースターのような構成です。 最初は、ゆっくりじわじわ登っていきます。でも最後はすべりおちます。そして、おちたあとに、さらに・・・・

恐いの苦手な人は辞めた方がいいでしょう。怖いの得意な人はそうでもないのかな。 僕は普通なので、普通に怖かった!

さて、次は何を読もうか・・・あっだれかきたみたいだ・・・

 

 

黒い家 (角川ホラー文庫)

ABOUTこの記事をかいた人

てるゆき

「週刊てるゆき」執筆。映画・マンガ・本などインドアが趣味/株式会社ネクスト・アカデミー代表取締役/東京大学EDGEプログラムメンター/千葉大学非常勤講師/NPO78会