2016年版「住みたい田舎」ベストランキング発表!『田舎暮らしの本』

田舎暮らしの本

定住促進に積極的な市町村を対象に、10ジャンル全106項目のアンケートを実施し、田舎暮らしの魅力を数値化した『2016年版「住みたい田舎」ベストランキング』「田舎暮らしの本」をご紹介します。

 

 

田舎暮らしの実現に重要なポイント10ジャンルで判定

「住みたい田舎ベストランキング」は、2012年からスタートし、定住促進に積極的な市町村を対象に、10ジャンル全106項目のアンケートを実施し、田舎暮らしの魅力を数値化し、ランキング形式で紹介しています。アンケート項目は、田舎暮らしの実現に重要なポイントとなる「移住者歓迎度」「移住者支援制度の充実度」「移住者受け入れ実績」「老後の医療介護体制」「子育てのしやすさ」など10ジャンルを設定しています。また今回、「エリア別」「村部門」「移住者数」の3つのランキングが新たに加わりました。

第4回を迎えた今回は、過去最多となる574の市町村が回答。兵庫県朝来(あさご)市と鳥取県岩美(いわみ)町が総合1位を同率で獲得。二市町とも「子育て、住宅、雇用など移住者支援が充実している」など総合的に点数が高かったことから選ばれています。次いで佐賀県武雄(たけお)市、大分県豊後高田(ぶんごたかだ)市、大分県宇佐市が同率3位という結果になりました。また、今回新たに加わった「エリア別」部門では、北海道では秩父別(ちっぷべつ)町、東北では山形県鶴岡市などが1位となり、「村」部門では長野県青木村が1位となりました。

国が地方創生を重点政策に掲げ、各自治体の移住者支援策も年々充実していることから、若年層からシニアまで幅広い世代において田舎暮らしのニーズがさらに高まっています。

d5069-280-129483-2

 

『田舎暮らしの本』編集長・柳 順一氏コメント

第4回となる今回は、ますます広がる移住者呼び込みの動き、増大する若い世代の地方移住を受けてアンケート内容を見直しました。回答市町村数も前回の295から574とほぼ倍増。順位に大きな変化がありました。エリアごとのランキングも興味深い結果になっています。地方移住の最新動向の把握に、ぜひ本特集をお役立てください。

 

ランキング一覧

d5069-280-361712-3d5069-280-416880-4 d5069-280-584651-5d5069-280-433107-6