主人公が羨ましい!学生時代をやり直したくなる爆笑漫画5選

マンガ・コミック・漫画・アニメ

後悔先に立たず……と分かっていても、大人は後悔ばかりする生き物。「学生時代、もっと勉強しておけばよかった」「もっと青春を謳歌しておくべきだった」と思ったことはありませんか?

今回は「完敗だ!俺(私)ももっと全力投球しておけばよかった!!」と思わず白旗を上げたくなるほど青春を爆速で駆け抜けている学園ギャグ漫画を5作ピックアップ。あなたはどんな学生時代をやり直したいですか?

 

もっと欲望に忠実になればよかった!『ドミノキック』

勉強も運動もすべてにおいて万能なお嬢様・正堂サエ唯一の欠点、それは破滅的衝動が抑えられないこと。執事たるもの主人の顔に泥を塗るようなことがあってはならない、とサエに仕える執事・姫森はすかさずフォローします。たとえどんな手段を使っても……。

分かる、分かるけどそれ本当にやる!?というサエの衝動に思いもよらぬフォローで応戦する姫森。サエを見習いたいような、見習いたくないような。

 

もっとマンガ大賞に応募すればよかった!『月刊少女野崎くん』

佐倉千代が憧れる寡黙で男らしいクラスメイトの野崎くんの第二の顔、それは売れっ子少女漫画家!ひょんなことから(アシスタントとして)野崎くんと急接近した佐倉は、大好きな野崎くんの知られざる側面を垣間見て嬉しいやら呆れるやら……。

王道の4コマ形式を踏襲した学園ラブコメでありながら、内容は容赦ないボケツッコミの応酬。誰もが一度は憧れる職業・漫画家、あなたもコンペで入選していたらこんな日々が待っていた、かもしれません。

 

もっと全力で授業をサボればよかった!『となりの関くん』

真面目な女子・横井さんの隣に座る関くんは、授業中いつも遊んでばかり。しかしその遊びっぷりが半端ないのです!ロッククライミング、囲碁、魚釣り……ひと捻りなんてもんじゃない、職人レベルのクオリティで遊ぶのが関くん流。

ああ、同じサボりなら私もこれぐらい極めてみたかった。真面目に授業を受けたいのにと迷惑がっていた横井さんの巻き込まれ具合にも注目。結構関くんワールドを楽しんじゃってます。

 

もっと心を開けばよかった!『はんだくん』

TVアニメ化された人気書道漫画「ばらかもん」のスピンオフは、有名書道家の息子であり自身も書家である若きカリスマ・半田清が主人公。その美しい顔立ちとクールな佇まいに皆遠くから羨望の眼差しを送るばかり……ですが、それを「嫌われている」と頑なに思い込む残念な孤高の人、それがはんだくんなのです。

こう見えてたんだ、もっと素直に心を開いて友人と接すればよかった、と自分を重ねて反省したくなるのは私だけじゃないはず。こんな学生生活、あんまり過ぎます……。

 

もっと品行方正に生活すればよかった!『坂本ですが?』

日本一スタイリッシュでクールな高校1年生、それが坂本くん。彼の挙動はすべてがクール。いじめられっ子もヤンキーも警官も生活指導の先生もその立ち居振る舞いに魅了されます。でも、でもどこかおかしい!度が過ぎた品行方正さがクールでありコミカルでもあるのです。今どき珍しい劇画調のシリアスな画のタッチがさらに笑いを誘います。

真面目はカッコ悪いと思っていた昔の自分に教えたい、本気の真面目は最高にクールだと!

いかがでしょう?大人社会に疲れたら、ギャグ漫画でスカッと笑い飛ばしつつ学生時代を思い出してみるのもいいかもしれませんよ。あなたのオススメ作品があったらぜひ教えてください!

ABOUTこの記事をかいた人

おちけん

あだ名はおちけん、健康と清貧がモットーの呑気な会社員。本を読むのがとても遅い。好きなお米は千葉県産コシヒカリ。毎日のようにブログを書いています。