体づくりの基本は食事から『「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村のからだを整える「食養術」』

健康・ヘルスケア・ダイエット

伊豆の奥地「ふるさと村」で30年以上食養施設を営む秋山 龍三氏の著書、『「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村のからだを整える「食養術」』をご紹介します。

 

d18193-8-293654-0

 

間違った食事が自然治癒力を低下させる!?

誰でも体に「自然治癒力」が備わっていますが、その自然治癒力を低下させてしまう食生活(美食の追及、食べ過ぎ、添加物過多の食べ物)を送り、体の不調や病気を引き起こしていることがあります。

それらを正し、体を変えるために、著者が提案するのが「一汁三菜」「梅干しやぬか漬け」「塩」などを摂る、基本の食事。これら日本人が昔から食べてきた食事を見直すことで、健康や長寿を手に入れられるということを、豊富なイラストと共に紹介します。

 

d18193-8-756703-3 d18193-8-713300-1 d18193-8-863741-2

 

本文より

いつでも、どこでも、今日からできるふるさと村流「食養生活」六か条

(1)「ひとくち30回以上」嚙む
いつもより3倍嚙むつもりで、素材そのものの味を味わいましょう。よく嚙むことで、体じゅうに、さまざまな素晴らしい効果が表れます。

(2)「15時間以上の休食時間」を作る
睡眠時間も入れて15時間以上内臓や胃を休ませます。
ただし、飲み物は摂ってもOK。。1日1回はしっかり「空腹」を体験すること。空腹は内臓の力を蘇らせます!

(3)「食養ごはん」を1日1回は食べる
玄米菜食を基本に緑黄色野菜、根菜類、海藻類を積極的に摂りましょう。週に1〜2回はまるごと食べられる魚介類や大豆食品、キノコ類を。

(4)「ぬか漬け、味噌汁、納豆などの発酵食品」を食べる
天然出汁に、たっぷりの具を入れて味噌汁を作りましょう。旬の野菜、わかめ、豆腐など、何でも合います。ぬか漬けは、気軽に好きな野菜を漬けてみてください。

(5)「添加物」「白砂糖」の入った食品を避ける
食品を購入するときは、パッケージをひっくり返して、どんな原材料が使われているか、必ず確認しましょう。市販の食品は「砂糖」「食品添加物」が必ずと言っていいほど入っています。

(6)こだわり過ぎない
1日のうち1回は「食養ごはん」なら、1回は「イマドキのごはん」でもヨシとしましょう。挫折するくらいなら、ゆるっとマイルドにいったほうがよいのです。

 

目次

第1章 私たち日本人の体に合う食事とは?
第2章 本来の「体の力」を目覚めさせる正しい食べ物とは?
第3章 ふるさと村の食事で体と心の健康を取り戻した人たち
第4章 驚くほど体が変わる「ふるさと村の食養生活」現代実践編

 


 

著者プロフィール

秋山 龍三
昭和六年、千葉県成田市で出生、私立成田高等学校を卒業。千葉県公立小学校教員、経理事務、セールスマン、宗派の管長秘書、ラジオ、テレビの台本作家などの様々な職業を経て、昭和五十年、JR水道橋駅近くにて、家庭教育、生活指導最優先を謳う私塾「伸英学園」を創設。進学一点張りの風潮の中、「食養」によって家族の健康を守り、家庭教育を最重要視する特殊な塾経営が評判を呼ぶ。塾経営と併行して学校PTAや幼稚園母の会、青年会議所など各方面から講演依頼が続く。
昭和六十年より、食糧の完全自給を目的に伊豆半島の西伊豆・松崎町の山中に「ふるさと村」を建設。伐採、開墾、稲作に励み、塾の児童生徒の合宿研修所として生活指導の実践の場に供す。初年度から米の自給をなし、続いて味噌、醤油、柿酢、納豆、豆腐、こんにゃく、アルコール飲料等(食用油を除き)、完全自給を達成。塾を閉鎖後は、ふるさと村に定住し、食養の研修、滞在による療養、自給品の頒布などを目的とした村民登録による会員制にて開始。
平成九年、食と血液と生命の本質を追求し、片や欧米型栄養学の過誤、汚染食品が及ぼす疾病、食養と疾病治療の実際などについて啓蒙、学習、研究等を目的とする「自然食養学会」を設立。現代医療の場では、治癒が絶望に近いガン、アトピー、リュウマチ、腎炎、肝硬変などで悩む多くの人が来訪滞在して食養に徹し、著しい快癒率を挙げる。過去の経験、実績に鑑み、今後許される余生の時間に、メス、薬剤、化学(物理)療法と無縁な、本物の水、空気、人間関係、食の優れた環境の設営で病気を絶つ機構の普及と、後継者の育成に惜しみなく力を注ぎたいと念願している。

草野かおる
セツモードセミナー卒。出版社勤務の後イラストレーターとして活躍。夫、2人の娘あり。雑誌(マタニティ、ベビー雑誌、料理関係など)を中心にカットやイラストルポなどを手がける。「暮らしと健康」にて「イラストレーター草野かおるが行く噂のアンチエイジング」を一年間連載。PTA、自治会を通じて16年に渡り防災勉強会や防災訓練などで、防災活動に関ったことを生かし、東日本大震災の数日後、ブログにて発信を始め、多くのアクセスを集める。書籍に『4コマでわかるみんなの防災ハンドブック』『おかあさんと子どものための防災&非常時ごはんブック』(ともにディスカヴァー刊)がある。また、2016年5月には海外での講演もおこなう。

 

書籍情報

「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村のからだを整える「食養術」
定価:1,500円(税抜)
発売日:2016.5.14
判型:A5判変形・並製/240ージ
ISBN:978-4-7993-1863-8
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
ディスカヴァーサイト:http://www.d21.co.jp/shop/isbn9784799318638