アラサー女性が選んだ10 代の頃に思い出に残っている映画ベスト3

今回は、アラサー女性が選んだ10 代の頃に思い出に残っている映画ベスト3をまとめました。

押井守監督のイノセンスも2004年ともう10年以上前なんですね!とちょっとびっくりした今日でした。

それでは3本ご紹介します。

 

陰陽師 ( 滝田洋二郎監督 野村萬斎主演 )

野村萬斎演じる安倍晴明の匂い立つような色気が、いっそ刺激的であり、何気ないシーンにもどきどきした映画である。

イノセンス ( 押井守監督 )

「意味を考えてはいけない、なんとなく雰囲気を感じとる」映画も、この世にはあるんだと思い知った作品。映像がとても美しく、街並みの色彩に目を奪われた。

ダ・ヴィンチ・コード ( ロン・ハワード監督 トム・ハンクス主演 )

スリリングな謎解きもさることながら、ヨーロッパを舞台にしているこの映画では、フランスやイギリスを旅しているような気分を味わえる。当時話題となった、キリストの聖杯伝説へのアプローチも秀逸だ。また、トム・ハンクス演じる大学教授の渋さ、かっこよさも見処の一つ。

人類史上最大の謎を解く!映画『ダ・ヴィンチ・コード』を振り返る
世界中でベストセラーになっているダン・ブラウンの同名小説を映画化した超大作ミステリー。レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に秘められた謎を、アカデミー賞俳優のトム・ハンクス演じるロバート・ラングドンが解き明かしていく。そのほかのキャストに『アメリ』のオドレイ・トトゥや『レオン』のジャン・レノら演技派スターも名を連ねる。監督はアカデミー賞を獲得した『ビューティフル・マインド』のロン・ハワード。ルーヴル美術館で撮影が行われたり、歴史的価値の美術品がぞくぞくと登場するところも見逃せない。 作品情報:

人類史上最大の謎を解く!映画『ダ・ヴィンチ・コード』を振り返る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。