【朗報】あの千秋様が帰ってくる!? 『のだめカンタービレ』読み切り、ストーリー予測

音楽・ロック・クラシック・ミュージック

2月25日(木)発売のKiss4月号で、『のだめカンタービレ』が新作読み切りで掲載されるとのことです。最終回、そしてその続編(オペラ)から、さらに次はどんな話でしょうか。楽しみです(^^)!

 

のだめカンタービレ

 

特別読み切り 『のだめカンタービレ』 二ノ宮知子

演目は「ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番」!! シュトレーゼマンの指揮の下、千秋がピアノを弾き共演したのが第2番。 本邦初公開の第3番には、どんなストーリーが…!?

 

ストーリー予測・考察!

やってきました!二人の新しい自立を描いた最終回、続編読み切りオペラでは、千秋様によるプロポーズが描かれました。そして、二人の共演(非公式)!

となると、のだめの夢(二人の夢でもある)、指揮とピアノによる共演!これが描かれるのではないでしょうか!そして結婚か・・・テーマとなる曲もピアノ協奏曲!これは間違いないか!!!楽しみです。

 

ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番

なななんと!白鳥さんもアラフォーになって帰ってくる!これは楽しみ!

2016年、申年!現在の麗子は…!? アラフォーとなった麗子と、哲也のラブラブな現在を、相変わらずのパワーで描く、超待望・大感激の復活劇!!