やっぱり猫がすき!猫歴30年アラフォーが選ぶ渋い「猫マンガ」3選

読書・猫・ネコ本

「ネコ本」特集、第一弾!猫歴30年のアラフォーさんに聞いた猫漫画3冊です。コメント(赤文字)もいただきました!

それではご紹介します。

 

すべての猫マンガの原点!「ホワッツ マイケル?」

猫マンガの歴史がこうやって始まった・・・といっても過言でもない、猫漫画の経典「ホワッツ マイケル?」、えっ知らない?それもそのはず、私が読んだのも小学生です。

マイケルとマイケルがコラボ!(笑)

 

ウェブコミックからの大ヒット!行間の味わい深さが秀逸!「きょうの猫村さん」

30代になっても楽しめる、書道を思わせる独特のタッチが、キャピキャピしてなくて、大人もまったり読める。

 

愛おしいネコと日々をつづるエッセイ漫画!「グーグーだって猫である」

我らがキョンキョン姉さんで映画化もされた、少女マンガ名作ネコ漫画です!

タイトル・ロールとなっているアメリカンショートヘアの猫、「グーグー」を始めとする猫たちと作者との生活を綴ったエッセイ漫画。『ヤングロゼ』1996年11月号から1997年8月号まで連載され、その後『本の旅人』に移籍し2011年6月号まで連載された。全6巻。第12回手塚治虫文化賞短編賞受賞。 出典:WIKIPEDIA

 

おまけ:BIRDYもネコをつかったコンセプトムービーを制作しましたよ!