【日本も対岸の火事ではない?】パンデミックを描いた映画3選

映画・ムービー

ウィルス・細菌による「パンデミック」を描いた映画を3つご紹介します。 パンデミックものでは、ゾンビ映画が多いのですが、それ以外のもので3つ取り上げました。

パンデミックとは?

アウトブレイク

内容紹介

人類絶望の危機、それは一匹の猿から始まった。

アフリカ・モタバ川流域。 正体不明のウイルスに感染し、皮膚が腫れ体中の穴という穴から出血して死んでいく無数の住民たち…。 現地調査に赴いたアメリカ軍医学研究所のリーダー、サム・ダニエルズは軍に警戒態勢を進言するが却下されてしまう。 しかしその後、同じ症状の患者がカリフォルニアに出現。 爆発的な速度で蔓廷する殺人ウイルスは一気に全米をパニックに陥れた!

軍の命令で研究から外され、独自に感染原因を調査していたサムは、やがて軍の極秘血清にたどり着く。 なぜ新種のウイルスの血清が存在するのか?疑惑が深まる中、全米破滅へのカウントダウンとともに、恐るべき謀略が次第に明らかになっていく!

「レインマン」のダスティン・ホフマン主演。 「逃亡者」のアーノルド・コペルソンと「ザ・シークレット・サービス」のウォルフガング・ペーターゼンが共同プロデュースするパニック・アクション超大作!

コンテイジョン

内容(「Oricon」データベースより)

謎のウイルス感染が発生し、驚異的なスピードで全世界へ広がっていった。米国疾病対策センターは危険を承知でドクターを感染地区へ送り込み、世界保健機関がウイルスの起源を突き止めようとする中、ある過激なジャーナリストの発言が人々の恐怖を煽り、社会は崩壊していく。はたして人々が選んだ決断とは?「WARNER THE BEST ¥1,500」対象商品。

 

28日後・28週後(ゾンビ映画のオマージュ?)

内容(「Oricon」データベースより)

『トレインスポッティング』のダニー・ボイル監督が放つ新感覚バイオ系サバイバル・ホラー『28日後…』とその続編作『28週後…』をセットにしたダブルパック!初回限定生産。