「スターウォーズ」が100倍面白くなる用語集 その2「国・勢力編」

100倍面白くなる「まとめ」

レジェンド・スペースオペラ映画「スターウォーズ」をより楽しむための用語集まとめ、第2回は、「国・勢力」に関する用語まとめです!

 

「国・勢力」編


 

銀河共和国

民主主義による惑星同士を軍事的活動以外ではなく、平和をめざす惑星同盟が「銀河共和国」。ジェダイ騎士団が守護している。

組織の仕組みは、最高統治機関の「銀河元老院」を束ねる「最高議長」が執政の長を務める一種の「議院内閣制」をもって運営。司法手段としては宇宙でもあまり存在しない超越的能力、フォースを会得した「ジェダイ騎士団」が銀河の隅々まで足を伸ばし、その高潔な精神と絶対的な力で様々な争いごとを調停する。

参考)https://ja.wikipedia.org/wiki/銀河共和国

 

 

レジスタンス(反乱同盟軍)

銀河共和国が、銀河帝国によって解体された後、共和国の残存勢力によって組織されたもの。

映画では、エピソード4・5・6は、この「反乱同盟軍」vs「銀河帝国」を描いている。

ちなみに、反乱同盟軍結成以前の旧銀河共和国末期から、パルパティーン元老院最高議長(後の銀河皇帝)への権力集中を懸念した、モン・モスマ、ベイル・プレスター・オーガナ、パドメ・アミダラら元老院議員たちが会合を持ち、議長へ嘆願書を提出するなどの活動を行う経緯もあった。(エピソード1・2・3)

参考)https://ja.wikipedia.org/wiki/スター・ウォーズ登場組織一覧

 

 

銀河帝国軍

ダースベイダーが仕える皇帝パルパティーン(シスの暗黒卿ダース・シディアスダース)が統治する銀河を支配する帝国。ニュー・オーダー(New Order)、第1銀河帝国(First Galactic Empire)、オーダー、あるいは単に帝国と呼ばれる。

銀河帝国による共和国が倒されたあとは銀河帝国時代とされ、その時代では、数えきれない星系が国家の支配下に置かれ、急速に軍事力を拡大した帝国地上軍及び宇宙軍によって、抵抗運動は冷酷に鎮圧された。また、帝国は共和国の守護者だったジェダイの騎士たちをほぼ壊滅させ、コルサントのジェダイ・テンプルをインペリアル・パレスと改名した。

 参考)https://ja.wikipedia.org/wiki/銀河帝国 (スター・ウォーズ)

 

 

ファースト・オーダー

エピソード7に登場。最高指導者スノークとその弟子、カイロ・レンなどで組織される。主兵は、ストーム・トルーパー。

ファースト・オーダー(First Order)は単にオーダー(The Order)としても知られた軍事及び政治組織。銀河大戦で敗北した銀河帝国の残党によって設立され、フォースのダークサイドの使い手スノークが最高指導者を務めた。エンドアの戦いから30年が過ぎた当時、銀河系の覇権をめぐってレジスタンス(反乱同盟軍)と紛争を繰り広げていた。

出典)http://ja.starwars.wikia.com/wiki/ファースト・オーダー

 

「ジェダイ」と「シス」

民主的な銀わ共和国を守る「ジェダイ騎士団」銀河を司るエネルギーの「フォース」と光刃を形成する剣「ライトセーバー」を用いて戦う、銀河系の自由と正義の守護者たちを「ジェダイの騎士」と呼んでいます。

ジェダイ騎士団は、ジェダイ評議会によって運営され、ジェダイ・マスターを上にして、ジェダイ・ナイト(一人前のジェダイ)、ジェダイ・パダワン(修行中)がいる。

「フォース」のライトサイドに仕えるものをジェダイと呼び、ダークサイドに魅入られた者をダーク・ジェダイ(Dark Jedi)と呼ぶ。ダーク・ジェダイの中でも「シス」と呼ばれるものたちはダークサイドによる銀河の支配という明確な理念を持っている。

参考)https://ja.wikipedia.org/wiki/ジェダイ

 

 

関連記事

「スターウォーズ」が100倍面白くなる用語集 その1「武器・軍事編」